2018年も、米軍Xバンドレーダー基地反対の活動を進めていきます。

 

* 直近のニュースクリップ

1.集会などの案内  

2.パンフレット No.5 のご案内(2017年9月発行) 年1回発行

3.会報 年4回発行 25号(2018年5月)

4.ハヤブサニュース 毎月1回発行

5.京丹後の皆さんへ 毎月2回配布

6.例会の案内 2018年7月

7.街中ビラ 毎月2回配布 京都市内で配布

8.申入書など 2018年6月 近畿中部防衛局

 

最終更新 2018年6月

京都府から 防衛省と米軍経ケ岬通信所司令官にあてた抗議文 2016年12月11日

(京都府のホームページには掲載されていない。リタイプ)

 

京都府ではこれまで再三に渡り交通安全の徹底について防衛省及び米軍へ要請してきたところであるが、今回、人身事故が発生したことは誠に遺憾であり、強く抗議する。

 

被害者に対して丁寧な対応をするとともに、今回の事故を含め、最近自損事故なども度々発生していることから、改めて交通安全の徹底と交通安全対策に真摯に取り組むよう強く求める。

 

◆直近のニュースクリップ 

 

韓国

 

*第8回 ソソンリ汎国民平和行動

日時:2018年7月7日(土)午後3時

場所:ソソンリ

 

*2018年7月1日(日)から金泉キャンドル集会は、

 毎週、水曜日20時、日曜日20時。

 

*ソソンリでの取り組みは、

 ソソンリ水曜集会(水曜日14:00)、ソソンリ土曜キャンドル文化祭(土曜日20:30)

 

 

▼2018年7月

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180703/ddl/k26/010/455000c

米軍経ケ岬通信所

不停波問題 「米軍“承認”認識せず」 検証で防衛省 具体的事実の提示なし /京都

毎日新聞2018年7月3日 地方版

 

****

http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20180702000185

米軍電波問題、英語やりとりで誤解か 京都・京丹後

【 京都新聞 2018年07月02日 23時10分 】

 

****

https://www.city.kyotango.lg.jp/top/shisei/3/4/8037.html

【7月2日発表】米陸軍経ヶ岬通信所の商用電力導入延期に係る緊急申し入れについて

▲京丹後市

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180701/ddl/k26/010/250000c

米軍経ケ岬通信所

自由法曹団が基地視察 /京都

毎日新聞2018年7月1日 地方版

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180701/ddl/k26/010/249000c

米軍経ケ岬通信所

商用電力導入、延期に 10月末に 機器見直しが必要 /京都

毎日新聞2018年7月1日 地方版

 

****

 

 

 

 

 

▼2018年6月 

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180630/ddl/k26/010/537000c

米軍経ケ岬通信所

不停波問題 態度急変「7分間」焦点に 防衛省が来月2日、検証会議 非公開、兵庫・豊岡病院で /京都

毎日新聞2018年6月30日 地方版

 

****

http://www.mod.go.jp/rdb/kinchu/initiatives/tpy-2/data/20180629.pdf

2018年6月29日

第1回経ヶ岬飛行制限区域への入域調整に係る会議の開催について[PDF 58KB]

▲近畿中部防衛局 

****

http://www.pref.kyoto.jp/somucho/documents/300629.pdf

平成30年6月29日 商用電力導入遅延に係る申入れについて(PDF:54KB)

▲京都府

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180628/ddl/k26/010/483000c

米軍経ケ岬通信所

不停波問題 基地反対連絡会、防衛省に抗議書 /京都

毎日新聞2018年6月28日 地方版

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180628/ddl/k26/010/471000c

米軍経ケ岬通信所

不停波問題 ドクターヘリ、制限区域に 「停波承認」から一転「不能」 /京都

毎日新聞2018年6月28日 地方版

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180628/k00/00e/040/246000c

救急ヘリ搬送遅れ

米軍レーダー、急に「停止不能」と通知

毎日新聞2018年6月28日 10時39分(最終更新 6月28日 10時39分)

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180626/ddl/k26/010/426000c

米軍経ケ岬通信所

不停波問題 ヘリポート「電磁波圏外に」 京丹後市長、防衛省に申し入れ /京都

毎日新聞2018年6月26日 地方版

 

****

https://www.city.kyotango.lg.jp/top/shisei/3/3/kohokyotango_h30/7969.html

2018年06月25日

「広報京丹後7月号」(172号)を発行しました

(▲第16回 安安連の報告記事が掲載されています)

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180622/ddl/k26/040/427000c

講演

日米地位協定、京丹後で福山弁護士 「全土基地」の問題指摘 /京都

毎日新聞2018年6月22日 地方版

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180621/ddl/k26/010/510000c

米軍経ケ岬通信所

不停波問題 原因究明・再発防止を 京丹後市議会、防衛省に申し入れ /京都

毎日新聞2018年6月21日 地方版

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180620/ddl/k26/010/391000c

米軍経ケ岬通信所

京丹後市議会特別委が現場視察 基地外掘削、問題続出で 土日工事「理由を聞く」 /京都

毎日新聞2018年6月20日 地方版

 

****

https://www.city.kyotango.lg.jp/top/kurashi/1/5/7799.html

2018年06月18日

第16回米軍経ヶ岬通信所の設置に係る安心・安全対策連絡会の会議資料を掲載しました

▲京丹後市

 

****

http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20180617000116

軍事優先を批判「米軍基地いらない」 京都で反対集会

【 京都新聞 2018年06月17日 23時04分 】

 

****

http://mainichi.jp/articles/20180617/ddl/k26/010/249000c

米軍経ケ岬通信所

不停波問題 要請手続き厳守を 京都連絡会、京丹後市に求める /京都

毎日新聞2018年6月17日 地方版

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180616/ddl/k26/010/427000c

京丹後市

米軍経ケ岬通信所配備 交付金総額32億円に 今年度終了、環境整備などに活用 /京都

毎日新聞2018年6月16日 地方版

 

****

http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20180615000197

「Xバンド不要」街頭活動 米朝会談受け京都の団体

【 京都新聞 2018年06月15日 22時50分 】

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180615/ddl/k26/010/449000c

米軍経ケ岬通信所

不停波問題 「情報提供遅れ反省」 京丹後副市長が謝罪 /京都

毎日新聞2018年6月15日 地方版

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180612/ddl/k26/010/449000c

米軍経ケ岬通信所

京丹後市議会委、防衛省に抗議 不停波、経緯説明求める /京都

毎日新聞2018年6月12日 地方版

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180609/ddl/k26/010/503000c

米軍経ケ岬通信所

米軍司令官が謝罪 安全・安心連絡会、不停波問題などで /京都

毎日新聞2018年6月9日 地方版

 

****

http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20180608000215

ドクターヘリ遅延などで米軍謝罪 京都・住民に再発防止約束

京都新聞 2018年06月08日 23時03分 】

 

****

http://www.pref.kyoto.jp/somucho/documents/300607.pdf

平成30年6月7日 

米軍経ヶ岬通信所に関する申入れについて(PDF:36KB)

◆京都府

 

**** 

http://www.mod.go.jp/rdb/kinchu/initiatives/tpy-2/index.html

http://www.mod.go.jp/rdb/kinchu/initiatives/tpy-2/data/20180606.pdf

第16回 米軍経ヶ岬通信所の設置に係る安全・安心対策連絡会の開催についてを掲載(H30.6.6)

◆近畿中部防衛局

 

****

http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20180605000162

京都の搬送遅れ、米軍交え検証 ドクターヘリで防衛副大臣

京都新聞 2018年06月05日 23時20分 】

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180605/ddl/k26/040/457000c

Xバンドレーダー

救急搬送遅れ 「防衛省は説明を」 京丹後市議会全協 /京都

毎日新聞2018年6月5日 地方版

 

****

https://www.mbs.jp/news/kansainews/20180602/GE000000000000022884.shtml

米軍レーダー停波せずドクターヘリ搬送遅れる

毎日放送-2018/06/04

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180604/ddl/k26/010/226000c

米軍経ケ岬通信所

撤去求め住民集会 不停波に強い反発「軍事優先」 京丹後 /京都

毎日新聞2018年6月4日 地方版

 

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/423480

米軍X バンドレーダー基地撤去!東アジアの平和を!

6・3 京丹後総決起集会!

 

****

https://www.asahi.com/articles/ASL632DR2L63UBQU002.html

医療ヘリ搬送遅れる 米軍レーダーが影響、京都府が抗議

朝日新聞 佐藤秀男、寺脇毅2018年6月3日16時00分

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180603/ddl/k26/040/257000c

米軍レーダー

救急ヘリ遅れに知事抗議 停波せず、過去にも 京丹後 /京都

毎日新聞2018年6月3日 地方版

 

 

****

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31302310S8A600C1AC1000/

ドクターヘリ搬送に遅れ 米軍、レーダー停止せず 

日経 2018/6/2 9:38

 

****

http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20180601000243

米軍停波せず、負傷者搬送遅れる 京都府が防衛省に抗議

京都新聞 2018年06月01日 23時50分 】

 

****

https://www.sankei.com/west/news/180601/wst1806010099-n1.html

産経 2018.6.1 21:48

レーダー停波要請に米軍「NO」 ドクターヘリ、搬送17分遅れ

 

****

http://www.pref.kyoto.jp/somucho/documents/300601.pdf

平成30年 6月 1日 

緊急ヘリ運航時のレーダー停波に係る申入れ(PDF:30KB)

◆京都府

****

http://www.mod.go.jp/rdb/kinchu/initiatives/tpy-2/data/20180601.pdf

2018年6月1日    

経ヶ岬飛行制限区域におけるドクターヘリによる救急搬送の遅延について[PDF 55KB]

◆近畿中部防衛局

****

 

▼2018年5月 

 

****

https://www.city.kyotango.lg.jp/top/shisei/3/4/7704.html

京丹後市【5月30日発表】

米軍経ヶ岬通信所第2期工事・工事予定表(6月1日~6月14日)

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180529/ddl/k26/010/400000c

米軍経ケ岬通信所

工事約束違反 米軍との「直接窓口」を 京丹後市長検討 /京都

毎日新聞2018年5月29日 地方版

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180529/ddl/k26/010/403000c

米軍経ケ岬通信所

防衛省の申し入れ内容、文書で示して 京丹後市議会委 /京都

毎日新聞2018年5月29日 地方版

 

****

【5月28日発表】補正予算について(平成30年京丹後市議会6月定例会提出)

 

https://www.city.kyotango.lg.jp/top/soshiki/somu/zaisei/7/3/h30/2/7516.html

平成30年度予算の概要(補正予算)

▲京丹後市

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180526/ddl/k26/010/480000c

米軍経ケ岬通信所

休日工事 京丹後市長、防衛相に抗議 /京都

毎日新聞2018年5月26日 地方版

 

****

http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20180525000200

米軍、また通告なし工事 京都・京丹後市が防衛相に抗議

【 2018年05月25日 22時45分 】

 

****

https://www.city.kyotango.lg.jp/top/shisei/3/4/7677.html

【5月25日発表】米軍経ヶ岬通信所2期工事に関する防衛大臣への申し入れ

▲京丹後市

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180525/ddl/k26/010/416000c

米軍経ケ岬通信所

2期工事 住民、市議会に陳情書 抜本的改善求め 京丹後 /京都

毎日新聞2018年5月25日 地方版

 

米軍Xバンドレーダー基地問題等に関わる陳情書 Ⅹ

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180525/ddl/k26/010/417000c

米軍経ケ岬通信所

米軍が工事予定表提出 2期5月分 /京都

毎日新聞2018年5月25日 地方版

 

****

https://www.city.kyotango.lg.jp/top/shisei/3/4/7661.html

【5月24日発表】米軍経ヶ岬通信所第2期工事・工事予定表(5月分)について

▲京丹後市

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180523/ddl/k26/010/366000c

米軍経ケ岬通信所

休日工事 「市民の信頼裏切る行為」 京丹後市、防衛省に抗議 /京都

毎日新聞2018年5月23日 地方版

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180522/ddl/k26/010/455000c

米軍経ケ岬通信所

「米軍内の連絡不備 原因」 休日工事問題で防衛省 /京都

毎日新聞2018年5月22日 地方版

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180521/ddl/k26/010/258000c

米軍経ケ岬通信所

「信頼関係崩れた」 休日工事に周辺住民反発強まる /京都

毎日新聞2018年5月21日 地方版

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180520/ddl/k26/010/329000c

米軍経ケ岬通信所

「約束」またも破られる 休日工事、住民への事前連絡なく /京都

毎日新聞2018年5月20日 地方版

 

****

http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20180515000205

米軍が無断掘削、再発防止申し入れ 京都・京丹後

(京都新聞)

****

https://mainichi.jp/articles/20180516/ddl/k26/010/382000c

米軍経ケ岬通信所

基地外掘削問題 防衛省に「適切工事を」 京丹後市長が緊急申し入れ書 /京都

毎日新聞2018年5月16日 地方版

 

****

https://www.city.kyotango.lg.jp/top/shisei/3/4/7553.html

【5月15日発表】2期工事の安全対策等に係る緊急申入れについて

▲京丹後市

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180515/ddl/k26/010/444000c

米軍経ケ岬通信所

基地外掘削問題 京丹後市が原状回復命令 業者、従い工事完了 /京都

毎日新聞2018年5月15日 地方版

 

****

http://www.kyoto-minpo.net/archives/2018/05/12/post-22039.php

2018年5月12日 

敷地外を勝手に掘削・京丹後米軍基地2期工事 住民が指摘し、米軍謝罪/防衛省、市は把握せず

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180512/ddl/k26/070/480000c

京都観察いま・むかし

八木先生の覚え書き/43 

「すべての米軍基地はいらない」 沖縄とつながり強め /京都

毎日新聞2018年5月12日 地方版

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180512/ddl/k26/010/467000c

米軍経ケ岬通信所

基地外掘削問題 共産議員、防衛省に抗議 /京都

毎日新聞2018年5月12日 地方版

 

****

http://www.pref.kyoto.jp/somucho/xbandradar.html

http://www.pref.kyoto.jp/somucho/documents/300508.pdf

平成30年5月8日 

米軍経ヶ岬通信所Ⅱ期工事の実施に係る緊急申入れについて(近畿中部防衛局長あて)

(PDF:57KB)

▲京都府

****

https://mainichi.jp/articles/20180505/ddl/k26/010/240000c

米軍経ケ岬通信所

基地外掘削 検証 「約束順守」ほころび 安全確保、市は主体的対応を /京都

毎日新聞2018年5月5日 地方版

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180503/ddl/k26/010/332000c

米軍経ケ岬通信所

基地外掘削 米軍、認め謝罪 京丹後市に「業者が誤って」 /京都

毎日新聞2018年5月3日 地方版

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180503/ddl/k26/010/330000c

米軍経ケ岬通信所

基地外掘削 「国会で追及したい」 共産府議団ら現地視察 /京都

毎日新聞2018年5月3日 地方版

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180502/ddl/k26/010/341000c

米軍経ケ岬通信所

休日工事、防衛省認める 周辺住民ら反発 /京都

毎日新聞2018年5月2日 地方版

 

****

 

▼2018年4月 

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180428/ddl/k26/010/503000c

米軍経ケ岬通信所

2期工事で基地外掘削 「日本の領土を侵犯」 周辺住民、防衛省・京丹後市に調査訴え /京都

毎日新聞2018年4月28日 地方版

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180420/ddl/k26/010/478000c

米軍経ケ岬通信所

2期工事で直接懇談、市長に要望 京丹後の住民ら /京都

毎日新聞2018年4月20日 地方版

 

米軍Xバンドレーダー基地「二期工事」に関わる緊急要望書

****

http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20180419000151

3日連続で米軍射撃訓練、市民ら抗議 京都・福知山

【 2018年04月19日 23時08分 】

 

****

http://www.pref.kyoto.jp/somucho/xbandradar.html

 

http://www.pref.kyoto.jp/somucho/documents/300419.pdf

平成30年4月19日 

米軍経ヶ岬通信所Ⅱ期工事の実施に係る申入れ(近畿中部防衛局あて)

(PDF:31KB)

▲京都府

 

****

http://mainichi.jp/articles/20180418/ddl/k26/010/419000c

米軍経ケ岬通信所

2期着工、連絡あいまい 「地元無視」住民ら憤り 京丹後 /京都 

毎日新聞2018年4月18日 地方版

 

****

http://www.minplus.or.kr/news/articleView.html?idxno=4891

일본 평화단체들, ‘X밴드레이더 기지 공사’ 반대행동

교도 교탄고 주일미군 기자 앞서 구호 외치며 공사차량 진입 저지 시위

2018.04.17

오완 무네노리

▲4月10日の闘争についての大湾さんの報告記事

 

****

http://mainichi.jp/articles/20180411/ddl/k26/010/380000c

米軍経ケ岬通信所

2期工事に抗議し集会 京丹後住民ら「基地の固定化」 /京都

毎日新聞2018年4月11日 地方版

 

****

 

 

 

▼2018年4月 韓国(レイバーネットより)

 

****

http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/issue/peace/1525144040409Staff

不法不当なTHAAD工事の中止を...「韶成里の春はまだ」

「1年前のTHAADは場所取りと同じ」

チャムセサン編集チーム 2018.04.25 15:28

****

http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/issue/peace/1525143763946Staff

THAAD反対団体「暴力的工事強行、将兵福祉の目的ではないTHAAD既成事実化」

「北核の口実がなくなったのに強行・・・THAAD完全配置を重視」

パク・チュンヨプ ニュースミン記者 2018.04.24 12:31

****

http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/issue/peace/1524663727505Staff

THAAD基地進入路で住民-警察が衝突…反対住民「工事装備を搬入するな」

チョン・ヨンギル ニュースミン記者 2018.04.23 13:28

国防部、THAAD基地工事装備を搬入…住民と衝突15人が負傷

チョン・ヨンギル ニュースミン記者 2018.04.23 13:44

****

http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/issue/peace/1524590703160Staff

7次韶成里汎国民平和行動、「北核の名分もないTHAAD基地工事」

市民400人が汎国民平和行動・・・保守団体の集会も

パク・チュンヨプ ニュースミン記者 2018.04.22 14:04

****

http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/issue/peace/1524233000686Staff

国防部、THAAD基地装備搬出「偽り」議論…住民・反対団体とまた対立

反対団体、「遺憾でない脅迫」...国防部、「将兵生活条件改善の工事は延ばせない」

パク・チュンヨプ ニュースミン記者 2018.04.17 14:58

****

http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/issue/peace/1523908970092Staff

国防部、星州THAAD基地装備搬入中断…警察-市民対峙状況は終了

「われわれの闘争が装備搬入を防いだ。THAAD撤去まで闘争を続けよう」

パク・チュンヨプ、チョン・ヨンギル ニュースミン記者 2018.04.13 10:12

****

http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/issue/peace/1523870790981Staff

THAAD基地工事装備搬入切迫…住民・反対団体、「米軍ための工事を阻止」

国防部-THAAD反対団体間交渉最終決裂

パク・チュンヨプ、チョン・ヨンギル ニュースミン記者 2018.04.12 10:09

****

 

▼2018年3月 

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180312/ddl/k26/010/260000c

米軍Xバンドレーダー基地反対・京都連絡会

米軍機、住宅地飛行禁止を 京丹後市長に申し入れ /京都

毎日新聞2018年3月12日 地方版

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180309/ddl/k26/040/413000c

米軍ヘリ

「安全対策、当然」 京丹後市答弁 /京都

毎日新聞2018年3月9日 地方版

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180301/ddl/k26/040/483000c

米軍経ケ岬通信所

「早く商用電力導入を」 騒音問題で府が要請 /京都

毎日新聞2018年3月1日 地方版

 

▼2018年2月 

 

https://mainichi.jp/articles/20180221/ddl/k26/010/421000c

京丹後市

来年度当初予算案 一般会計336億円 19億円基金取り崩し /京都

毎日新聞2018年2月21日 地方版

 

****

https://mainichi.jp/articles/20180217/ddl/k26/040/434000c

陳情書

「無理な訓練控えて」 住民が米軍、防衛省に 京丹後 /京都

毎日新聞2018年2月17日 地方版

 

▼2018年1月 

 

http://kyoto-np.co.jp/politics/article/20180122000109

餅ついて基地問題考える 京都大吉田寮でフェス、住民も参加

【 2018年01月22日 14時14分 】

 

▼2017年12月 


https://mainichi.jp/articles/20171212/ddl/k26/040/474000c
米軍経ケ岬通信所
防音シートが劣化 京丹後市、現地確認へ /京都
毎日新聞2017年12月12日 地方版

 

▲これ以前は、ニュースクリップに

http://www.kinyobi.co.jp/event/20170113_002205.php

丹後半島に米軍基地があるのです

2017年01月13日|カテゴリー:市民運動紹介

 

▲週刊金曜日で紹介されました

(2017年2月の総会で、年会費は、3000円に引上げ)

 

 

1.集会案内

 

 

 

 

 

2.パンフレットNo.5 のご案内(2017年9月発行)

 

 

● パンフレットNo.5 のご案内●

学習に討論に最適!注文受付中!

 

京都にも沖縄にも、米軍基地はどこにもいらない!

京丹後・沖縄・韓国を結ぶ闘いを!

 

(2017年)

9月25日発刊フルカラー・40ページ/ 頒価300円

発行米軍Xバンドレーダー基地反対・近畿連絡会

 

主な内容

■ 巻頭言

  米軍Xバンドレーダー基地反対・近畿連絡会 事務局長 山本純

■ 沖縄からの連帯メッセージ

  沖縄平和運動センター 議長 山城博治さん

■ 経ヶ岬米軍基地問題何をしてきたか?

  米軍基地建設を憂う宇川有志の会

  事務局長 永井友昭さん

■ 朝鮮半島情勢と「沖縄・京丹後・星州を結んで」

  ・・・東アジアの平和を求めて・・・

  近畿連絡会 代表世話人 大湾宗則

■ 岩国基地強化に反対するたたかいへの連帯を

  池田高巌さん

■ 街なかビラの活動に思うこと

■  宇川戸別訪問活動をおこなって

  京都連絡会 共同代表瀧川順朗

■ 近畿各県からのメッセージなど

 

 

米軍Xバンドレーダー基地反対・近畿連絡会

代表世話人 服部良一 大湾宗則

連絡先   大湾宗則(TEL/FAX 075-467-4437)

事務局連絡先 090-1590-9469 (山本純)

E メール komai123@kfa.biglobe.ne.jp

郵便振替口座

 名義:京都連絡会

 番号:00950-9-303127

 

3.会報

 

会報25号(2018年5月10日)

会報24号(2018年3月1日)

会報23号(2017年12月7日)

4.ハヤブサニュース 

(毎月 会員向けに発行 )

(会員向けなのでホームページには掲載していません)

 

▲本文省略 A4版4頁のニュース

毎月発行しています。

 

 

5.京丹後の皆さんへ 改訂版ニュース

 

▲本文省略 2016年10月 京丹後で配布のニュース A4版4頁

No.1(2016年10月13日)

No.3 (2016年12月)

No.4(2017年1月)

No.5 (2017年3月)

現在は、街中ビラと同じような内容のものを配布。

 2017年8月 追加のチラシを作製

その他に、その時々の連絡会の活動報告のチラシを配布しています。2018年2月

 

 

 

 

6. 例会

 

2018年7月例会のお知らせ

 

■ テーマ/ 米朝会談

■ 報告者/ (京都連絡会)

■ 日 時/ 2018年7月12日(木) 午後6時30分より

■ 資料代/ ◆◆◆円

■ 場 所/ 東山いきいき市民活動センター

 

■ 問合せ  

★ どなたでも参加できますので、ぜひご参加ください。

 「反戦老人クラブ・京都」7月例会

 

・2018年7月14日(土)午前10時~12時半

・場所=東山いきいき市民活動センタ―和室(1階)

・勉強会「レーダーや携帯電話からの電磁波の危険性」

  講師 荻野晃也氏

・会費=300円

 荻野晃也さんは日本では最初に電磁波の危険性を警告された科学者の一人です。住民の立場で多くの運動にも参加されました。

 元々伊方裁判で原発の耐震性について詳しく証言されましたが、最近は建設予定のリニアモーターカーの危険性についても警告されています。

 特に最近は秋田県や山口県でイージス・アショア―の危険性について講演されています。

 今回、易しく電磁波の危険性についてのお話を伺います。

 1時間30分程度説明いただき、質問討論の時間を長くしたいと思います。

 

 どなたでも自由に参加いただけます。

7.街中ビラ 下の画像は 2018年2月以降 No.9 

8.申入書など

 

 

小野寺五典防衛大臣様

藤代誠近畿中部防衛局長様

 

抗議申し入れ書

2018年6月22日

 

 米軍経ケ岬通信所(米軍Xバンドレーダー基地)が本格稼働してから3年6カ月が経過しました。2015年5月に始まった隣接する航空自衛隊経ケ岬分屯基地の拡張工事が本年3月に完了し、米軍基地建設の二期工事が本年4月から本格的に開始されています。今や京丹後は日米の重要軍事拠点となり、二期工事によってさらにそれが強化されようとしています。二期工事の本格着工以降、米軍の違法行為や住民の安全・安心を踏みにじる事態が続出しています。私たちはこれに厳しく抗議します。また、日本政府を代表して米軍に対応すべき防衛省(近畿中部防衛局)は、住民の安全・安心を守るという責務を何ら果たさず、あたかも米軍の下請け機構であるかのような対応をとってきました。私たちはこのことに厳しく抗議します。

 

 防衛省は、二期工事の着工前に住民にていねいな説明を行うと約束していました。しかし、防衛省は事前に着工日を公表せず、防衛省の現地連絡所によれば工事の本格的な開始の直前になって袖志・尾和・中浜の区長に「4月10日ごろ」と伝えただけでした。そして、地元の住民からの「いつ着工したのか」という問い合わせに対して、現地連絡所は4月10日を過ぎても「4月10日ごろ」という返答をくり返しました。住民を愚弄した対応だと言わねばなりません。いつ着工したのかすら明らかにせず、どうして住民の安全・安心が守れると言うのでしょうか。

 

 防衛省は、事前に「作業時間は原則として、月曜日から金曜日の午前8時から午後5時まで」と約束していました(近畿中部防衛局発行の経ケ岬通信所だより№2)。しかし、米軍から工事を受注した業者は、4月21日に何の事前連絡もないままに土曜工事を実施しました。そして、この件をめぐって京丹後市が防衛省に抗議した後の5月19日にまたもや無断で土曜工事を実施しました。そして、6月16日からは少なくとも三週連続で土曜工事が予定されています。二期工事は平日の午前8時から午後5時という原則は反故にされたに等しい事態であり、土曜工事は直ちに中止されるべきです。また、大型工事車輌の台数が多い日は、防衛省が小学校付近の急カーブに交通指導員を配置するという約束についても6月1日まで実施されませんでした。さらに4月10日ごろに、施工業者が基地の外の京丹後市が管理する里道まで掘削してしまい、大きな穴をあけるという事態まで発生しました。明らかな違法行為です。この件では京丹後市や京都府が防衛省に抗議し、京丹後市が現状回復命令をだすという事態にまで至りました。

 

 そして、このように二期工事をめぐって問題が噴出している最中の5月15日、交通事故による負傷者の病院への搬送のためのドクターヘリの飛行のために、宮津与謝消防組合本部がXバンドレーダーの停波を要請した際、米軍はいったん同意したにもかかわらず、結局停波は実施されませんでした。その結果、病院への搬送が17分も遅れることになりました。まさに人命に関わる重大な事態でした。この過程で、過去にも二回停波が実施されない事態が発生したことが明らかになりました。

 

 これらの事態を貫いて言えることは、第一に米軍が約束したことを守ろうとせず、住民の安全・安心を軽視し、米軍の都合を優先させてきたことです。米軍の約束破りは、二期工事をめぐっての前述したいくつもの事態やドクターヘリの件だけではありません。米軍人・軍属の集団居住・集団通勤の約束も守られてきませんでした。福知山での実弾射撃訓練についても、軍人・軍属と銃器・弾薬は別の車で輸送するという約束がなし崩しにされてきました。日米地位協定によって米軍には日本の法律は適用されず、米軍基地は言わば「治外法権」の地となっています。このような日米地位協定を抜本的に改定し、日本の法律を米軍にも適用させ、約束を守らせていくことは火急の課題です。だからこそ、米軍に対して約束したことを必ず守らせていき、約束が破られたときには厳しく抗議すること、そして再発防止のために実効性のある措置をとらせていくことが重要なのです。

 

 第二には、日本政府を代表して米軍に対応すべき防衛省(近畿中部防衛局)が米軍に約束を守らせ、住民の安全・安心を確保するという責務をまったく果たせていないことです。防衛省は、米軍に約束したことを守らせることができず、米軍の下請け機構になってきました。米軍の相次ぐ約束破りは、防衛省の責任に他なりません。基地建設の当初から、地元の住民は米軍と直接連絡をとり、必要な抗議や申し入れを行い、話し合うことができるようにしてほしいと要望してきました。しかし、防衛省は自分たちが米軍に対応するとして、この要望を拒否してきました。米軍が参加する「安全・安心連絡協議会」は設けられましたが、それはごく少数の限られ人だけが参加できる場で、また年に数回持たれるだけのもので、この間の二期工事をめぐる相次ぐ問題に迅速に対応できるものではないことも明らかになりました。このような中で、京丹後市の三崎政直市長は6月14日の市議会本会議で、「ケースによっては防衛省と一緒に米軍司令官と直接面談して対応を求める」という意向を表明しました。市長が必要に応じていつでも米軍司令官と直接面談できるシステムがつくられるべきです。そして、市長だけではなく、地元の住民をはじめとした京丹後市民・京都府民が米軍に直接連絡をとり、抗議や申し入れをおこなうことができるようにすべきです。

 

 第三には、このような事態のなかで地元の住民はもちろん、京丹後市や京丹後市議会・京都府の中においても米軍と防衛省に対する不信や抗議の声が広がっていることです。防衛省はこのことを直視し、二期工事をめぐって噴出した諸問題やドクターヘリをめぐる停波問題などについて、それぞれの原因を明らかにし、再発防止のための具体的方策を至急に作成すべきだということです。経ケ岬通信所の建設が開始されて以来、京丹後市や京丹後市議会・京都府がこれほど連続して防衛省に抗議したことはありませんでした。事態はきわめて深刻です。早急にすべての住民に開かれた住民説明会を開催すべきです。また、米軍と防衛省のやりとりを文書として公表すべきです。

 

 私たち米軍Xバンドレーダー基地反対・近畿連絡会は、住民の安全・安心を脅かし、東アジアの戦争の危機を高める米軍Xバンドレーダー基地に反対してきました。そして、基地を固定化する二期工事に反対し、あらためて米軍基地の撤去を要求してきました。いま戦争の危機のなかにあった東アジア情勢は大きく変化していこうとしています。4月27日の朝鮮南北首脳会談から6月12日の米朝首脳会談を通して、東アジアの平和と朝鮮半島の非核化に向けて大きな歩みが始まりました。防衛省はこれまで、「核・ミサイルなどの北朝鮮の脅威」を口実にして米軍Xバンドレーダー基地の必要性を強調してきました。しかし、トランプ米大統領が「北朝鮮はもはや脅威ではない」と言い、米韓合同軍事演習の中止を決定し、朝鮮戦争の終戦宣言・平和条約の締結が日程にのぼろうとしています。私たちはこの東アジアの平和への歩みをさらに確固としたものにするためにも、米軍Xバンドレーダー基地の撤去を強く要求するものです。

 

                米軍Xバンドレーダー基地反対・近畿連絡会

                代表世話人 大湾宗則 服部良一

                連絡先 〒602-8347

                    京都市上京区四番町121-5 大湾宗則方

                   

藤代誠近畿中部防衛局長

2018年6月22日

 

近畿中部防衛局への質問書

 

.米軍経ケ岬通信所(米軍Xバンドレーダー基地)の二期工事について、なぜ着工日を事前に公表しなかったのか。また二期工事が本格的に開始された4月10日を過ぎても、「いつ着工したのか」という住民からの問い合わせに対して「4月10日ごろ」という愚弄するような返答を続けた。着工日について、近畿中部防衛局は米軍とどのように確認してきたのか、経過を明らかにされたい。

 

.近畿中部防衛局は、現地連絡所によればこの「4月10日ごろに着工」という通知を宇川全体にではなく、袖志・尾和・中浜の区長にだけ行った。このことは、近畿中部防衛局が地元の範囲を袖志・尾和・中浜の3区だけだと考えていることを示すものなのか。米軍Xバンドレーダー基地に関する重要な情報は、宇川地区全体および京丹後市民・京都府民に周知されるべきだと考えるがどのような見解なのか。

 

.二期工事が始まったとされる4月10日ごろ、施工業者が基地の敷地の境界を越えて掘削工事を行い、京丹後市が管理する里道にまで大きな穴を掘るという事態が発生した。明らかな違法行為であり、単に業者の不注意として済ませられるような軽々しい問題ではない。施行業者に発注した米軍の責任部局はどこなのか。近畿中部防衛局はいつこの事態を把握したのか。このような事態が発生した原因は何なのか。二度とこのような事態が起こらないようにどのような措置をとったのか、明らかにされたい。

 

.防衛省が二期工事について「原則として月曜日から金曜日の午前8時から午後5時まで」としていたにもかかわらず、京丹後市への何の事前連絡もなしに4月21日と5月19日に土曜工事が行われた。とりわけ5月19日の土曜工事については、5月15日に京丹後市が近畿中部防衛局に無断の土曜工事について抗議した直後のことで、きわめて悪質なものである。なぜこのような事態になったのか、原因を明らかにされたい。また、近畿中部防衛局として米軍に厳重に抗議し、どのような再発防止の措置を米軍と確認したのか明らかにされたい。

 

.これから三週間の二期工事予定表によれば、6月16日から少なくとも3週連続で土曜工事が予告されている。これでは、土日・祝日は工事を行わないという原則は反故にされたに等しい。とりわけ夏季の土日・祝日は海水浴客が多く、土曜工事は渋滞や交通事故の危険性を高める。近畿中部防衛局として、米軍に対して土曜工事を行わないように要求するつもりはあるのか。

 

.5月15日、ドクターヘリの運行に関わり、宮津与謝消防組合本部からのXバンドレーダーの停波の要請に対して米軍が応じず、患者の搬送が17分も遅れるという事態が発生した。2014年10月23日付の防衛省と京都府が合意したドクターへリ運行に伴う停波についての文書では「米軍は停波要請があれば速やかにレーダーを停波する」としており、停波の要請についてのシステムも記載している。にもかかわらず、なぜこのような人命に関わる事態が起こったのか。そもそも、ドクターヘリの運行に関連して停波の要請があったとき、米軍が必ずそれに応じることが明確に確認されているのか。それとも、要請を受けても米軍の都合で停波しない場合もあるということなのか。今回の事態をめぐっても、米軍に停波の約束に違反したという認識はあるのか。再発防止のためにどのような措置をとったのか明らかにされたい。

 

.ドクターヘリの運行に関連した停波について、米軍経ケ岬通信所は連絡先を明らかにしておらず、誰がどこに連絡をして停波を要請することになっているのか。停波したかどうかの連絡を米軍はどこに連絡し、それが事実であるのかどのように確認されることになっているのか。また、なぜこのような停波についてのマニュアルを非開示としているのか。

 

.京丹後市の三崎市長は6月14日の市議会本会議で、「ケースによっては防衛省と一緒に米軍司令官と直接面談して対応を求める」という意向を表明した。この間の二期工事をめぐる諸問題を踏まえて、米軍への対応を防衛省に何もかもまかせるのではなく、京丹後市と米軍の直接対話の窓口を検討したいとのことであった。近畿中部防衛局として、このような三崎市長の意向を受けて、市長がいつでも必要に応じて米軍司令官と面談できるようにするつもりはあるのか。また、市長だけではなく、地元の住民や京丹後市民・京都府民が米軍に対して必要に応じて直接問い合わせや抗議・申し入れを行うことができるようにすべきだと思うが、近畿中部防衛局としてどのように考えているのか。

 

.5月28日の京丹後市議会の基地対策特別委員会において、「防衛局の口約束だけでは何の保証にもならない。防衛省と米軍のやりとりを文書でださせるべきだ」という意見が提起された。「そうしないと同じことのくり返しになる」という指摘であった。まったくその通りである。防衛省は、米軍とのやりとりを文書として公表するつもりはあるのか。

 

10. 二期工事やドクターヘリの運行に関連した停波について、多くの問題が噴出している。近畿中部防衛局として、すべての住民に開かれた住民説明会を開催すべきだと考えるがどうか。この間の諸問題について防衛局として真摯な説明と必要な謝罪を行い、住民からの意見を聞く場が早急にもたれるべきではないのか。また、近畿中部防衛局は京丹後市に現地連絡所を設けているが不在の場合も多く、現地窓口としての機能を果たしていない。現地連絡所の役割や権限はどうなっているのか。

 

                米軍Xバンドレーダー基地反対・近畿連絡会

                代表世話人 大湾宗則 服部良一

                連絡先 〒602-8347

                    京都市上京区四番町121-5 大湾宗則方

                    TEL&FAX 075-467-4437

                    

 

http://www.pref.kyoto.jp/kankyo/rdb/geo/db/sur0060.html
京都府レッドデータブック2015 穴文殊