2017年も、米軍Xバンドレーダー基地反対の活動を進めていきます。

ホームページも更新していきたいと思います。

 

 

* 直近のニュースクリップ

1.集会案内 2017年6月3日、4日 集会

2.パンフレットNo.4 のご案内(2016年9月発行)

3.会報

4.ハヤブサニュース

5.京丹後の皆さんへ 改訂版ニュース

6.例会の案内 2017年 

7.街中ビラ(京都市内での配布ビラ 2017年1月1日)

 

2017年6月20日

京丹後市長 三崎政直 様

 

米軍Xバンドレーダー基地問題に関する申し入れ書

 

 貴職におかれましては、市民の生活を守り、その安全安心を実現するために日々奮闘されておられることに敬意を表するものです。

 

 さて、本市丹後町宇川地域に米軍Xバンドレーダー基地(米陸軍経ヶ岬通信所)が住民の思いをよそに建設され、その本格運用が2014年12月26日に始まってから2年6ヶ月になります。2015年5月末には、隣接する航空自衛隊経ヶ岬分屯基地の大幅拡張工事も始まり、現在その大きな施設が国道脇に姿を見せてきました。宇川地域穴文殊の地は今や日米の重要軍事拠点となってきています。

 

 市長と知事は基地建設に対する「協力表明」の前提条件として、あらゆる面での「住民の安全・安心の確保」ということを挙げ、国はそれに対し「政府一体となって、真摯かつ万全に対応する」と約束していることはご存知の通りです。また、京丹後市議会全体の合意として「市民の安全・安心の確保」は何度も確認されてきたところです。ところが現実にはその「住民の安全安心の確保」が十分に具体化されることなく、基地は建設され稼働してきました。各当局の対応はまだまだ不十分なものと言わざるを得ません。

 

 今年に入って更にその上により大きな問題が起こってきました。即ち、朝鮮民主主義人民共和国(以下、朝鮮)と米国との対立が激化し、在日米軍基地を抱えるわが国民全体が重大な脅威にさらされ、経ヶ岬米軍基地がその最前線のターゲットとされる危険がかつてなく高まっているということです。基地地元である宇川地区住民の危惧と不安は極めて深刻です。

 

 このような中にあって日本政府は、その対立の平和的解決に背を向け、一方的に米国を支持してその軍事行動に荷担し、国民に対し平和の危機をも招いています。

 

 私たち「米軍Xバンドレーダー基地反対・京都連絡会」は、米軍基地撤去を趣旨とし、第二期工事も不必要と強く要請しますが、米軍が第二期工事着工を強行する場合も以上のような状況を踏まえ、「住民の安全・安心の確保」と「国民の平和的生存権の維持」という観点から以下の諸点について貴職へ強く要望するものです。

 

 

1、現在、朝鮮と米国が深刻な対立関係にあり、東アジア全体が緊迫した情勢となっています。朝鮮戦争以来、米国・韓国・日本政府による朝鮮への軍事的威嚇と経済的封鎖政策により、朝鮮に軍拡の口実を与えてきました。武力で平和をつくることはできず、アメリカのやり方は東アジアにおける戦争の危機を高めるものです。わが国の現政府はその米国の軍事政策を一方的に支持し、それに対して朝鮮は、「在日米軍のある日本の攻撃も辞さず」と公言する事態となっています。米海軍艦船と海上自衛隊が日本近海で共同訓練を行ったり、米艦船を海上自衛隊の艦船か防護するなどという行為は、日本国民を敢えて危険に晒す行為以外の何物でもありません。このようなことをやめ、あくまでも平和外交による解決を目指すよう日本政府に強く働きかけること。

 

2、昨年10月14日と12月10日に米軍属の運転する乗用車が重大な事故を起こしました。それに対し市当局を始め各方面から大きな批判の声が上がり、具体的な改善策が防衛局、米軍などから示されました。その具体的安全対策の実態と効果を検証し、最低交通安全講習を受けない軍人軍属には運転をさせないという措置を米軍に求めること。

 

3、昨年11月より、経ヶ岬米軍基地の警備軍属などが陸上自衛隊福知山射撃訓練場で実弾射撃訓練を行っています。この件について米軍、防衛省よりその内容、安全対策など情報を開示させ、安全対策を徹底させること。

 

4.昨年7月以降、経ヶ岬米軍基地の敷地を東側に拡張する計画が進められています。交通上の安全対策ということですが、基地の現状から見て不必要な計画と言わざるを得ません。よって、この計画の再検討を求めること。

 

5、私たちは、自衛隊は憲法上裏付けのない違憲の存在と見なしています。その上で、自衛隊基地に併設にされた米軍基地のため、自衛隊基地の移転、一部改修が行われていますが、その規模は従前をはるかに凌ぎ、巨大化しています。何故、これほど巨大なものが必要なのか、従前と異なる機能が付加されたのか、米軍との共同使用など日米地位協定でどのようになっているか住民及び私たちに説明してください。

 

6、昨年の7月以降、経ヶ岬米軍基地内の穴文殊洞窟の真上(九品寺本堂の真後ろ)に「トイレ」が設置されました。この場所は何百年来、地元の方々が大切に守ってきた信仰の拠り所であり、住民の強い批判を受けて今年3月よりそのトイレの使用は停止されました。しかしトイレ本体はまだ残されたままです。米軍に対し早急に撤去を申し入れること。

 

7、今年3月、宇川地区では新設された尾和の変電所(経ヶ岬配電塔)まで3万3000ボルトの高圧電線が引かれ、既に電流が流されていると聞いています。米軍基地に関わっては騒音対策ということです。この電線は宇川地区の人家の軒先を通っており、その電磁波の危険や被害について住民より不安の声が絶えません。関電に対し住民への説明会を開き、安全対策を明らかにするよう求めること。

 

8、「米軍経ケ岬通信所の設置に係る安全・安心対策連絡会」について、住民が自由に傍聴できるものとすること。また、その主催責任を明確にし、防衛局の一方的な説明ではなく、実際の安全・安心対策を議論する場へと変えること。

 

9、当初の約束を反故にして個々に民間住宅に居住し、自家用車で通勤しているレイセオン社などの米軍属について、京丹後市がその実態を把握し、責任の所在と安全対策を明らかにすること。あわせて、当初の約束の履行を米軍、防衛局に対して強く求めること。

 

10、今秋に予定される米軍基地二期工事の開始にあたり、京丹後市が米軍・防衛局との間でしっかりとした安全協定を結ぶこと

                                          以上

 

米軍Xバンドレーダー基地反対・京都連絡会

共同代表 大湾宗則 上岡修 白井美喜子 瀧川順朗 仲尾宏

 連絡先 京都市上京区四番町121-5 大湾方

(Tel/Fax) 075-467-4437 (Email) kyogamisaki2013@yahoo.co.jp 

 

 

京都府から 防衛省と米軍経ケ岬通信所司令官にあてた抗議文 2016年12月11日

(京都府のホームページには掲載されていない。リタイプ)

 

京都府ではこれまで再三に渡り交通安全の徹底について防衛省及び米軍へ要請してきたところであるが、今回、人身事故が発生したことは誠に遺憾であり、強く抗議する。

 

被害者に対して丁寧な対応をするとともに、今回の事故を含め、最近自損事故なども度々発生していることから、改めて交通安全の徹底と交通安全対策に真摯に取り組むよう強く求める。

 

◆直近のニュースクリップ 

 

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/381887

米軍Xバンドレーダー基地撤去!京丹後市は住民の自治と安心・安全を守れ!

京丹後を東アジアの平和の発信地へ!

6・4京丹後総決起集会

 

http://www.kinyobi.co.jp/event/20170113_002205.php

丹後半島に米軍基地があるのです

2017年01月13日|カテゴリー:市民運動紹介

 

▲週刊金曜日で紹介

(2017年2月の総会で、年会費は、3000円に引上げ)

 

 

▼毎日新聞・京都新聞 2017年6月

 

https://mainichi.jp/articles/20170607/ddl/k26/010/468000c

Xバンドレーダー

米軍経ケ岬通信所 商用電力導入、来夏に 防衛省表明 府「受け入れがたい」 /京都

毎日新聞2017年6月7日 地方版

 

http://www.kyoto-np.co.jp/local/article/20170606000160

米軍基地、騒音対策に9カ月遅れ 京丹後で報告

【 2017年06月06日 22時00分 】

 


http://www.city.kyotango.lg.jp/kurashi/oshirase/kikakusomu/kititaisaku/xband/anzenanshin/h29/0606/index.html

 

資料

 



 

https://mainichi.jp/articles/20170605/ddl/k26/010/261000c

Xバンドレーダー

京丹後で300人反対集会 韓国からも参加 「住民脅かす存在」 /京都

毎日新聞2017年6月5日 地方版

 

http://kyoto-np.co.jp/politics/article/20170605000119

京都の米軍基地「危険高まる」 反対派が集会

【 2017年06月05日 21時30分 】

 

 

▼毎日新聞・京都新聞 2017年5月

 

http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20170524000146

市民抗議の中、3回目の米軍実弾訓練 陸自・福知山

【 2017年05月24日 22時30分 】

 

 

関連記事     

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://mainichi.jp/articles/20170525/ddl/k26/040/463000c

実弾訓練

陸自福知山で米軍が3度目 防音対策に射撃音測定 /京都

毎日新聞2017年5月25日 地方版

 

https://mainichi.jp/articles/20170523/ddl/k26/040/489000c

陳情書

ミサイル攻撃など有事の対応、具体策を 京丹後・住民団体が市議会に /京都

毎日新聞2017年5月23日 地方版

 

https://mainichi.jp/articles/20170502/ddl/k26/040/427000c

デモ

米基地撤去求め、京丹後市内行進 /京都

毎日新聞2017年5月2日 地方版

 

https://mainichi.jp/articles/20170502/ddl/k26/040/425000c

メーデー

実弾射撃訓練中止求めデモ 福知山で200人 /京都

毎日新聞2017年5月2日 地方版

 

 

▼毎日新聞・京都新聞 2017年3月

 

https://mainichi.jp/articles/20170329/ddl/k26/070/639000c

京都観察いま・むかし

八木先生の覚え書き/16 経ケ岬の米軍レーダー基地 /京都

毎日新聞 2017年3月29日 地方版

 

http://mainichi.jp/articles/20170321/ddl/k26/030/258000c

米総領事

京丹後市長と懇談 基地安全対策「最大限努力」 /京都

毎日新聞2017年3月21日 地方版

 

http://kyoto-np.co.jp/politics/article/20170316000151

騒音、交通事故防止を要望 京都・京丹後市長、米総領事と対談

【 2017年03月16日 22時50分 】

 

http://kyoto-np.co.jp/politics/article/20170306000119

米軍、2回目の実弾訓練実施 京都・福知山、市民ら抗議

【 2017年03月06日 22時40分 】

 

http://mainichi.jp/articles/20170301/ddl/k26/040/516000c

米軍交通事故

通勤路、事前視察を 防衛省、DVD提供 京丹後市・連絡会 /京都

毎日新聞2017年3月1日 地方版

 

 

 

1.集会案内

 

 

●名称 米軍Xバンドレーダー基地撤去!京丹後市は住民の自治と安心・安全を守れ!

    京丹後を東アジアの平和の発信地へ!6・4京丹後総決起集会

●日時 2017年6月4日(日)13時集会開始 15時デモ出発

●会場 久僧公民館(旧宇川農業会館)

●ゲスト 沖縄 高里鈴代さん(島ぐるみ会議共同代表)

     韓国 THAAD配備に反対する星州の住民団体から

 

●参加費無料(会場カンパのお願いあり) 

●主催 6・4京丹後集会実行委員会(代表 服部良一 大湾宗則)

     連絡先 京都市上京区四番町121―5 Tel/Fax 075―467―4437(大湾)

 

 

 

辺野古・京丹後・星州を結ぶ6・3連帯交流集会

■ 日時:2017年6月3日(土) 18時30分開始

■ 場所:東山いきいき市民活動センター集会室

■ 参加費:500円

● ゲスト: 沖縄高里鈴代さん(島ぐるみ会議共同代表)

韓国THAAD配備に反対する住民団体から

■ 主催:6・4京丹後集会実行委員会

 

 

●住民の安全・安心を脅かす米軍基地

 

米軍X バンドレーダー基地が運用を開始してから2年半、地元の住民は基地からの騒音、米軍の交通事故、3 万3000 ボルトの高圧電線による電磁波などに苦しめられてきました。そして、今年の秋には米軍基地の二期工事が着工され、隣接する自衛隊基地もまた拡張・強化されています。京都府・京丹後市には住民の安全・安心を守るという地方自治体としての責務があります。私たちは、基地のない平和な京丹後を取り戻していくために地元住民とともに声を上げ、行動に立ち上がっていきます

 

●戦争のための基地はいらない

 

私たちが基地撤去を要求するのは、基地被害からだけではありません。3 月1 日から史上最大規模の米韓合同演習が実施されてきました。それは、朝鮮民主主義人民共和国への先制攻撃と朝鮮指導部の殺害を想定した危険きわまりないものです。これに対抗して、朝鮮は核開発・弾道ミサイル開発を急いできました。こうして軍拡競争が拡大し、東アジアにおける戦争の危機が深まってきています。安倍政権もまた、増大する日本の海外権益を防衛するために、集団的自衛権にもとづく海外派兵を推進してきました。しかし、武力で平和はつくれません。東アジアで戦争がおこれば、京丹後の米軍基地は標的とされ、すさまじい犠牲が生みだされます。私たちは、東アジアでの戦争に反対し、戦争のための基地の撤去を要求します。

 

●辺野古の闘いに連帯し、国際連帯をもって安倍政権と対決しよう

 

安倍政権は、辺野古護岸工事の着工、岩国基地への米艦載機移駐など日米両軍の出撃拠点を建設し、また共謀罪の新設など治安弾圧の飛躍的強化をもくろんでいます。そして、高浜原発再稼働を強行し、また「働き方改革」を唱えて貧困と格差をさらに拡大しようとしています。求められているのは、安倍政権による国策と総対決する闘いです。辺野古護岸工事着工を阻止し、沖縄・岩国をはじめとして全国各地の反基地運動の結合と大合流を促進しましょう。全国各地の反基地運動と原発再稼働阻止闘争を結びつけ、共謀罪制定を阻止しましょう。6・4京丹後総決起集会に結集し、安倍政権打倒に向けて全力で闘いましょう。

 

● 経ケ岬の米軍基地・自衛隊基地の拡張反対!

● 米軍基地建設二期工事反対!

● 日韓両国へのTHAAD ミサイル配備を許さない!

● 日米韓のミサイル防衛システム反対!

● 安保破棄!戦争法廃止!共謀罪阻止!戦争をする国づくりを許さない!

● 辺野古新基地建設阻止!基地のない沖縄・日本を!

 

【賛同のお願い】

団体一口3000円

個人一口1000円

 

郵便振替口座

名義: 京都連絡会

番号: 00950-9-303127

20170604 京丹後総決起集会ビラ (表面).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 248.8 KB
20170604 京丹後総決起集会ビラ (裏面).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 510.1 KB

 

 

●THAAD配備に反対する日韓共同記者会見●

 

韓国・日本へのTHAAD配備反対!

米軍はただちに韓国からTHAADを撤去せよ!

 

 

 

 2017年4月26日、約8千人の機動隊を動員し、星州のゴルフ場にXバンドレーダー・発射台2基・交戦統制所などミサイル本体を除くTHAADの主要な装備の搬入が強行された。それは5月9日の大統領選挙の直前に、圧倒的多数の地元住民が反対するなかで、まさに既成事実をつくるために強行されたものであった。さらに、米軍と韓国国防部はTHAADの発射台4基をひそかに韓国国内に搬入していることが明らかになった。この暴挙を私たちは厳しく弾劾する。私たちは、搬入されたTHAAD関連の装備をただちに撤去することを要求する。他方で、日本政府もまた自衛隊へのTHAAD配備の準備をすすめている。私たちは、日本へのTHAAD配備を絶対に許さない。

 

 韓国と日本へのTHAAD配備は、アメリカ主導のMD(ミサイル防衛)戦略の核心となるもので、朝鮮半島・東アジアの軍事的緊張をさらに高め、朝鮮半島南北の分断を固定化するものである。米・トランプ政権は、今年の3月から4月末まで朝鮮民主主義人民共和国への先制攻撃を想定した史上最大規模の米韓合同軍事演習を実施した。そして、日本の安倍政権もまた集団的自衛権にもとづき実質的にこの米韓合同軍事演習に参加した。日米両国政府は文在寅新政権に対してすさまじい圧力を加え、米日韓軍事同盟にしばりつけようとしている。

 

 しかし、武力で平和はつくれない。私たちは、朝鮮半島・東アジアでの戦争に反対し、平和協定の締結によって朝鮮戦争以来の戦争状態を終結させていかねばならない。アメリカは、在韓米軍・在日米軍を含むすべての米軍を東アジアから撤収させねばならない。それこそが、朝鮮半島・東アジアに真の平和と非核化をもたらし、朝鮮半島の自主的平和統一に向かう道となる。私たちは、このような立場から米日韓軍事同盟に反対し、沖縄・辺野古新基地建設など米軍基地の新設・強化を許さない。そして、日本の海外権益を防衛するための自衛隊の海外派兵を阻止する。

 

 私たちは、6月4日に米軍Xバンドレーダー基地撤去!京丹後総決起集会を開催する。この集会には、沖縄から「島ぐるみ会議」の代表、韓国からサード配備反対金泉対策委員会や円仏教星州聖地守護非常対策委員会が参加する。私たちは、THAAD配備を阻止するための韓国民衆の不屈の闘いと朴槿恵政権を打倒した「ローソク革命」に心からの連帯を表明する。私たちは、沖縄・岩国・京丹後・横田など日本各地の反基地運動の結合を促進し、沖縄・日本から米軍基地を撤去させ、自衛隊の海外派兵を阻止するために闘う。そして、日韓民衆の国際連帯をもってTHAAD配備を阻止し、朝鮮半島・東アジアの真の平和を実現するためにともに闘う決意を表明する。

 

 

2017年6月3日

米軍Xバンドレーダー基地反対・京都/近畿連絡会

 

 

 

THAAD배치를 반대하는 한일공동기자회견문

 

한국과 일본에 대한 THAAD배치를 반대한다

미군은 즉시 한국에서 THAAD 철수하라

 

 

 2017426, 경찰 8000명을 동원해서 성주 롯데골프장으로 사드 레이더와 발사대 2, 교전통제소 , 미사일 본체를 빼고 THAAD 주요 장비가 강제적으로 반입되었다. 그것은 59 대선 직전에 압도적 다수의 성주 주민들이 반대하는 가운데 바로 기정사실을 만들기 위해 강행된 것이었다. 게다가 미군과 한국 국방부는  THAAD 발사대 4대를 비밀적으로 한국 국내로 반입한 사실도 드러났다. 우리는 이런 폭거를 강력히 규탄한다. 우리는 성주로 반입된 THAAD관련 장비를 즉시 철거할 것을 요구한다. 한편에서 일본 정부 역시 일본 자위대에 THAAD 배치를 추진하고 있다. 우리는 THAAD 일본 배치를 절대 용납하지 않는다.

 

한국과 일본에 대한THAAD 배치는 미국이 주도하는 MD(미사일 방위) 전략의 핵심이고, 한반도 동아시아에서 군사 긴장을 더욱 높이고 한반도 남북 분단을 고정화하려는 것이다. 미국 트럼프 정권은 지난 3월부터 4월말까지 조선민주주의인민공화국에 대한 선제공격을 상정한 사상 최대 규모의 한미 합동군사연습을 실시했다. 일본의 아베 정권 또한 집단적 자위권에 근거하여 실질적으로 이번 한미합동군사연습에 참여했다. 일미 정부는 문재인 정권에 대해서 한미일 군사동맹에서 벗어나지 않게 격렬한 압력을 가하고 있다.

 

그러나 무력으로 평화를 만들 수는 없다. 우리는 한반도와 동아시아에서의 전쟁을 반대하고 평화협정 체결로 한국전쟁 이후 계속되는 전쟁 상태를 종결시켜야 한다. 미국은 주한미군과 주일미군을 포함한 모든 미군을 동아시아에서 철수시켜야 한다. 그래야  한반도와 동아시아로 진정한 평화와 비핵화를 가져올 있고, 한반도의 자주적 평화통일을 향하는 길이 있다. 우리는 이런 입장에서 미일한 군사동맹을 반대하고 오키나와에서의 헤노코 신기지 건설 미군기지 신설과 강화를 용납하지 않을 것이다. 그리고 일본 자본의 해외 권익을 지키기 위한 자위대 해외 파병을 막아낼 것이다.

 

우리는 64일에 미군 X밴드레이더 기지 철수! 교탄고 총궐기 집회를 개최한다. 집회에는 오키나와에서 시마구루미 회의(‘시마구루미 범오키나와적 투쟁 뜻함)’ 대표, 한국에서 사드배치반대 금천대책위원회와 원불교 성주성지수호 비상대책위원회가 참여할 예정이다. 우리는THAAD배치를 저지하기 위한 한국 민중의 불굴의 투쟁과 박근혜 정권을 무너뜨린 촛불 혁명 마음으로부터 연대를 표명한다. 우리는 오키나와, 이와쿠니, 교탄고, 요코타 미군 주둔 지역의 반기지운동을 서로 결합시키고 오키나와와 일본에서 미군기지를 철수시키고 자위대 해외 파병을 저지하기 위해서 투쟁할 것이다. 한일 민중의 국제연대의 힘으로 THAAD 배치를 막아내고 한반도와 동아시아의 진정한 평화를 실현하기 위해 함께 투쟁할 것이다.

 

                        201763

              미군X밴드레이더 기지 반대교토킨키 연락회

 

 

 

サード配備に反対する日韓共同記者会見文

 

-日本と韓国へのサード配備に反対する!

-米国は直ちに日本からサードを撤去せよ!

 

 

さる4月26日、韓国の星州(ソンジュ)にサードが違法に配備された。朴槿恵の分身と呼ばれた黄教案(ファン・ギョアン)大統領権限代行体制のもとで国防部は米軍とグルになり、警察は数千名の部隊を動員して、激烈に反対する住民たちを暴力的に鎮圧し、米軍サード砲隊がソソン里の村を通過できるように協力した。

 

韓国憲法60条1項には、「国会は安全保障に関する事項や主権の制約に関する条約などの締結・批准に対する同意権」が規定されている。したがって一方的なサード配備は国会同意の手続き抜きの違憲行為だ。朴槿恵が違憲行為によって弾劾、罷免、逮捕されたように、サード配備に関連した者たちも全員処罰しなければならない。

 

また、ただの一度も環境影響評価を行っていない。2001年に改正された駐韓米軍地位協定(SOFA)のうち、「韓国の環境法令及び基準を尊重する」という合意を無視した。環境部は直ちに環境影響評価法に基づきサード関連工事の「中止命令権」を発動しなければならないが、何らの措置も取らなかった。

 

このような背景には、1954年11月に発効された「韓米相互防衛条約」第4条が存在している。すなわち、「相互の合意」を前提としているが、内容的には「米国の陸海空軍を韓国の領土内とその付近に配備する権利を、韓国はこれを許与し、米国はこれを受諾する」という不平等条約が存在しているのだ。あわせて、不公平なSOFA協定や、米軍が戦時作戦統制権を持っていることなど、軍事主権の制約が根本原因といえる。

 

のべ1700万人が参加したロウソク革命によって、朴槿恵政権が崩壊し、民主党への政権交替が実現するとともに文在寅(ムン・ジェイン)政権が成立した。民主党と文在寅大統領は、野党や大統領候補時代にはサード配備に反対しなかった。ただ国会同意など手続き的正当性だけを主張して「戦略的曖昧さ」を維持した。

 

政権交替がなされ大統領になった今でも、相変らずサード配備の手続きだけを問題にしている。米国と朴槿恵政権の官僚たちは、文在寅政府のもとで交替させられてもサード配備を原点に戻せないようにと、大統領選挙前に「既成事実化」を強行した。

 

星州に配備されたサードは、単に朝鮮民主主義人民共和国(以下、共和国)の核やミサイル攻撃から防御するための兵器体系ではない。米国が主導する韓米日三角軍事同盟とMD(ミサイル防御)戦略の一環だ。他方でトランプが、星州サード砲隊の価格である10億ドルを韓国政府に負担させようとすることからも分かるように、米防衛産業関連企業の軍事武器輸出とも密接に関連している。

 

日本と朝鮮半島を中心に東北アジアに米国のMD体制が構築されれば中国、ロシア、共和国の軍事力増大による緊張が高まる。この結果、朝鮮半島の分断は、より一層固定化されるだろう。平和憲法9条の改悪を試みて2015年9月戦争法制を成立させた安倍政権は、帝国主義の復活を夢見て日米軍事同盟を強化している。米国は韓国まで含めた三角軍事同盟体制を強化するため、朴槿恵に圧力をかけて日韓「慰安婦」問題を拙速に合意させ、彼女が弾劾された状態である大統領代行体制下で日韓軍事情報包括保護協定までも急ぎ締結するように圧迫した。

 

米国は、沖縄辺野古新基地建設、極東最大の岩国海兵隊基地の拡張強化、2014年12月からは京都府京丹後市で米軍Xバンドレーダー運用を開始した。韓国では平澤(ピョンテク)米軍基地移転、済州(チェジュ)海軍基地建設、星州サード配備にいたるまで、北東アジアでの軍事力増強に拍車をかけている。同時に先制攻撃を仮定した米韓・日韓の合同軍事訓練を大々的に実施している。これに対抗して中国とロシアもまた軍事力を増強させており、共和国は核とミサイル開発と実験を続けている。

 

韓国民衆は日本民衆と同じく戦争に反対する。第1次・第2次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争はもちろんのこと、今でも地球のあちこちで繰り広げられている戦争で、その残酷さを目撃している。軍隊と武器で平和はつくれない。1953年休戦協定以後も持続している朝鮮半島の戦争状況を終息させるには、周辺強大国の核兵器縮小と軍事力縮小、東アジアからの米軍撤収、平和協定締結、朝鮮半島非核化のために努力しなければならない。

 

「サード阻止全国行動」は、昨日(6月3日)ソウルでサード阻止平和行動を開催した。この行事に「米軍Xバンドレーダー基地反対京都/近畿連絡会」が連帯の気持ちを込めて韓日共同記者会見文を送って下さったことに感謝を伝えたい。6月24日に予定される米韓首脳会談に対応する全国集中「サード撤回国民平和行動」にも関心を持ってくださるようお願いする。

 

韓国民衆は沖縄、岩国、京丹後、横田など日本全域で展開している日本民衆の米軍駐屯地域の反基地運動を支持する。安倍政権の平和憲法破壊を通じた帝国主義復活と自衛隊海外派兵を阻止するための闘争を支持する。今日、京丹後市の宇川地区に設置された米軍Xバンド レーダー基地を撤去するための総決起集会に、「サード阻止全国行動」は韓国民衆に代わって連帯を送ります。日韓民衆の国際連帯の強化でサード配備をくいとめ、朝鮮半島と東アジアの平和、そして戦争なき地球を作るために総力でまい進しましょう!

 

2017年6月4日(日)

サード韓国配備阻止全国行動

 

 

 

THAAD배치를 반대하는 일한공동기자회견문

 

일본과 한국에 THAAD배치를 반대한다!

미국은 즉시 일본에서 THAAD 철수하라!

 

 

지난 4 26, 한국 성주에 THAAD 불법적으로 배치됐다. 박근혜의 아바타로 불렸던 황교안 대통령 권한대행체제에서 국방부는 미군과 한통속이 되었고, 경찰은 수천명의 병력을 동원하여 격렬하게 반대하는 주민들을 폭력적으로 진압하면서 미군 THAAD포대가 소성리마을을 통과하도록 협력하였다.

 

한국 헌법 60 1항에는 국회는 안전보장에 관한 사항이나 주권제약에 관한 조약 등의 체결비준에 대한 동의권 규정하고 있다. 따라서 일방적 THAAD배치는 국회 동의절차 없는 헌법위반행위이다. 박근혜가 헌법 위반 행위로 탄핵, 파면, 구속되었듯이 THAAD배치 관련자들 모두 처벌해야 한다.

 

차례의 환경영향평가도 시행하지 않았다. 2001 개정된 주한미군지위협정(SOFA) 한국의 환경 법령 기준을 존중한다 합의를 무시했다. 환경부는 즉각 환경영향평가법에 따라 THAAD 공사 중지명령권 발동해야 하지만 아무런 조치를 취하지 않았다.

 

이러한 배경에는 1954 11월에 발효된 한미상호방위조약 4조는 상호적 합의FF 전제로 하고 있지만 내용적으로는 미국의 육해공군을 한국의 영토 내와 부근에 배치하는 권리를 한국은 이를 許與하고 미국은 이를 수락한다 불평등조약이 자리 잡고 있다. 아울러 불평등한 SOFA협정이나 미군이 전시작전통제권을 가지고 있는 군사주권의 제약이 근본 원인이라 있다.

 

1700 촛불항쟁으로 박근혜 정권이 붕괴하고 민주당이 정권을 교체하면서 문재인 정부가 들어섰다. 민주당과 문재인 대통령은 야당이나 후보시절 당시에 THAAD배치를 반대하지 않았다. 다만 국회 동의 절차적 정당성만을 주장하면서 전략적 모호함 유지하였다.

 

정권을 교체하고 대통령이 지금도 여전히 THAAD배치의 절차만 문제 삼고 있다. 미국과 박근혜 정권의 관료들은 문재인 정부로 교체되더라도 THAAD배치를 원점으로 돌릴 없을 것이라고 생각하고 대통령 선거 전에 알박기 강행한 것이다.

 

성주에 배치된 THAAD 단순히 북한핵이나 미사일 공격을 방어하기 위한 무기체계가 아니다. 미국이 주도하는 한미일 3 군사동맹과 MD(미사일방어) 전략의 일환이다. 한편으로 트럼프가 성주 THAAD포대 가격 10 달러를 한국 정부에 부담시키려는 데서 있듯이 방위산업체의 군사무기수출과도 밀접하게 관련되어 있다.

 

일본과 한반도를 중심으로 동북아시아에 미국의 MD체제가 구축되면 중국, 러시아, 북한의 군사력 증대를 통한 긴장이 고조된다. 결과 한반도 분단은 더욱 고착화될 것이다. 평화헌법 9 개악을 시도하면서 2015 9 전쟁법제를 통과시킨 아베정권은 제국주의부활을 꿈꾸며 일미군사동맹을 강화하고 있다. 미국은 한국까지 포함시켜 3 군사동맹체제를 강화하기 위해 박근혜를 압박해 한일위안부문제를 졸속으로 합의하게 하고 그가 탄핵당한 상태의 대통령 대행체제에서 한일정보보호협정까지 서둘러 체결토록 밀어붙였다.

 

미국은 일본 오키나와 헤노코 신기지 건설, 극동 최대의 이와쿠니 해병대기지 확장건설, 2014 12월부터 교토부 교탄고시 미군 X밴드를 운용하였다. 한국에서는 평택미군기지 이전, 제주해군기지 건설, 성주 THAAD배치까지 동북아시아에서의 군사력증강에 박차를 가하고 있다. 동시에 선제공격을 가정한 한미, 한일 합동군사훈련을 대대적으로 실시하고 있다. 이에 맞서 중국과 러시아 역시 군사력을 증강시키고 있으며 북한은 핵과 미사일 개발과 실험을 지속하고 있다.

 

한국 민중들은 일본 민중들과 마찬가지로 전쟁을 반대한다. 1, 2 세계대전, 한국전쟁, 베트남 전쟁은 물론이고 지금도 지구 곳곳에서 벌어지고 있는 전쟁에서 참혹함을 목도하고 있다. 군대와 무기로 평화를 가져올 없다. 1953 휴전협정 이후에도 지속되고 있는 한반도의 전쟁 상황을 종식시키기 위해서는 주변강대국들의 핵무기감축과 군사력 축소, 동아시아 미군철수, 평화협정체결, 한반도 비핵화를 위해 노력해야 한다.

 

사드저지전국행동 어제 서울에서 THAAD저지평화행동을 개최했다. 행사에 미군X밴드레이더 기지 반대 교토/킨키 연락회 연대의 마음을 담아 한일공동기자회견문을 보내주신 대해 감사드린다. 오는 6 24 한미정상회담에 대응하는 전국 집중 ‘THAAD철회 국민 평화행동에도 관심을 가져주실 것을 부탁드린다.

 

한국 민중들은 오키나와, 이와쿠니, 교탄고, 요코타 일본 전역에서 전개하고 있는 일본 민중들의 미군주둔지역의 반기지운동을 지지한다. 아베정권의 평화헌법 파괴를 통한 제국주의 부활과 자위대 해외파병을 저지하기 위한 투쟁을 지지한다. 오늘 교탄고시 찬고쵸 우카와 지구에 설치된 미군 X밴드 레이더 기지 철수를 위한 총궐기집회에 사드저지전국행동 한국민중을 대신해 지지와 연대를 보낸다. 한일 민중의 국제연대 강화로 THAAD배치 막아내고 한반도와 동아시아 평화 그리고 전쟁 없는 지구를 만들기 위해 총력 매진합시다!

 

2017.6.4. 

사드한국배치저지전국행동

 

 

 

 

集会決議(案) 

 

 

 本日、私たち「京都/近畿連絡会」は、京丹後に配備された米軍Xバンドレーダー基地撤去 のため、近畿各府県から現地に結集した。この闘いに沖縄島ぐるみ会議共同代表の高里鈴代さん、韓国からTHAAD配備反対金泉対策委員会共同代表のキム・ジョンギョンさんとパク・ヒジュさん、そして円仏教星州聖地守護非常対策委員会執行委員長の金善明(キ厶・ソンミョン)さんと同委員会公報状況室長の尹惠相(ユン・ミョンウン)さんが参加され、日韓の国際連帯が勝ち取られた。

 

 米軍Xバンドレーダー基地が本格運用されて2年半、経ケ岬の基地はさらに拡張・強化されてきた。今秋にも米軍基地建設の二期工事が開始される。また、隣接する自衛隊基地の拡張・強化が進められ、米軍人・軍属の実弾射撃訓練が陸自福知山射撃場に移転された。この2年半の間にはっきりとしたことは、住民の安全・安心と米軍基地は決して両立しないということだ。基地からの騒音や自然環境破壊、米軍人・軍属の交通事故、高圧電線による電磁波の 影響など、住民の安全・安心が脅かされてきた。その根底には、米軍に治外法権というべき特権を保障してきた日米地位協定がある。基地のない平和な京丹後を子どもたち、孫たちに受け継いでいきたいという住民の願いは踏みにじられつづけてきた。

 

 しかし、私たちが米軍基地の撤去を要求するのは、住民の安全・安心が脅かされるからだけではない。いま、朝鮮半島・東アジアにおける軍事的緊張が高まり、今年の3月から4月末には朝鮮民主主義人民共和国への先制攻撃を想定して、史上最大規模の米韓合同軍事演習が実施された。そして、自衛隊もまたこれに実質的に参加した。日本と韓国への米軍XバンドレーダーとTHAADミサイルの配備は、アメリカ主導のMD(ミサイル防衛)戦略の要となるものである。私たちは、米日による朝鮮半島・東アジアでの戦争を許さず、南北朝鮮の分断と対立の固定化に反対する。戦争のための軍事基地はどこにもいらないと声をあげよう。韓国・日本へのTHAADミサイル配備を日韓民衆の国際連帯で阻止しよう。

 

 韓国では、星州・金泉の住民が雨の日も風の日も毎晩ローソクをもって集会を行い、身体を張ってTHAAD 配備と対決している。そして、数百万人の決起で朴槿恵政権を打倒し、 政権交代を実現した。沖縄でも、辺野古新基地建設にむけた護岸工事を阻止するために、海上で基地ゲート前で非暴力実力行動で闘いが組織され、米軍Xバンドレーダー基地撤去を闘う仲間もこれに参加してきた。米空母艦載機が移駐されようとしている岩国でも、「基地との共存を拒否する」と住民が新たに声をあげ始めた。沖縄・岩国・京丹後など各地の反基地闘争の結合を推進し、すべての米軍基地を撤去させ、自衛隊の海外派兵を阻止しよう。共謀罪制定から憲法改悪へと突き進む安倍政権を打倒しよう。これらの闘いこそが、韓国民衆に実践的に連帯する闘いなのだ。私たちは、本日の闘いを新たな出発点として、国際連帯にもとづく闘いをさらに大きく推進していく。

 

 

米軍Xバンドレーダー基地撤去! 

自衛隊経ケ岬分屯地の拡張・強化を許さないぞ!

辺野古新基地建設阻止!

日韓両国へのTHAAD備阻止! 

基地のない沖縄・日本を! 

共謀罪を廃案へ! 

安倍政権打倒! 国際連帯で闘おう!

 

 

2017年6月4日 

米軍Xバンドレーダー基地撤去!6・4京丹後総決起集会参加者一同

 

2.パンフレットNo.4 のご案内(2016年9月発行)

 

● パンフレットNo.4 のご案内●
学習に討論に最適!注文受付中!

 

京都にも沖縄にも、米軍基地はどこにもいらない!
京丹後・沖縄諸島・韓国(星州)への
MDミサイル防衛配備に国際連帯で抵抗しよう


9月30日 発刊フルカラー・48ページ/ 頒価300円
      発行 米軍Xバンドレーダー基地反対・近畿連絡会

 

主な内容
■ 巻頭 米軍Xバンドレーダー基地反対・
     近畿連絡会
     代表世話人 服部良一
■ 韓国からの連帯メッセージ
     サード韓国配備反対全国行動
     共同執行委員長 オ・ヘランさん
■ 米軍基地の建設以降、宇川・京丹後で何が起こってきたか
     池田高巌さん
■ 現地報告
     米軍基地建設を憂う宇川有志の会
     事務局長 永井友昭さん
■ 基地撤去闘争の中間総括と今後の展望
     近畿連絡会
     代表世話人大湾宗則
■ 5・19弾圧を許さない!
     近畿連絡会
     事務局長 山本純
■ 近畿各県からのメッセージなど


注文受付中!手渡しまたは郵送(郵送の場合は部数と郵送先をご連絡ください。送料実費)

米軍Xバンドレーダー基地反対・近畿連絡会
代表世話人 服部良一
      大湾宗則
連絡先 大湾宗則
 (TEL/FAX 075-467-4437)
事務局連絡先
 090-1590-9469 (山本純)

メール
 komai123@kfa.biglobe.ne.jp

郵便振替口座
 名義:京都連絡会
 番号:00950-9-303127


 

 

3.会報

 

会報21号(2017年5月11日)

 

目次

■ 結局、米韓(日)合同軍事演習の目的は何だったのか!           P.1

朝鮮半島情勢につて心配されている皆さんへ

米軍Xバンドレーダー基地反対・京都連絡会共同代表大湾宗則

■ 米韓合同軍事演習反対!東アジアの平和をめざす4・1京都集会報告    P.9

■ 4・1京都集会宛メッセージ                      P.20

米軍基地建設を憂う宇川有志の会事務局長永井友昭

■ 4・1京都集会集会決議(案)                     P.21

■ 山城博治さんの長期勾留弾劾!

博治さんらを直ちに釈放せよ!3・5緊急集会 報告            P.22

■ 米韓合同軍事演習に反対しよう!3・5学習会報告            P.22

■ 山城博治さんらを直ちに釈放せよ!緊急街頭宣伝行動報告         P.25

■ ハンギョレ新聞から                          P.26

■ ピョントンサのホームページから                    P.28

■ 6・4京丹後総決起集会のご案内                    P.29

 

 

会報20号(2017年3月2日)

 

目次

■ 巻頭言P.1

  米軍Xバンドレーダー基地反対・近畿連絡会代表世話人大湾宗則

■ 米軍Xバンドレーダー基地反対・京都連絡会第三回総会報告 P.7

■ 第三回総会議案書

 情勢の特徴と総括・運動方針 P.12

 活動日誌P.21

 京丹後決起集会と京都市内集会 P.25

 宇川訪問と京丹後展開 P.27

 福知山への実弾射撃訓練移転反対闘争 P.29

 街なかビラ配り P.30

 韓国・星州訪問団と国際連帯 P.31

 沖縄連帯 P.33

 反弾圧闘争 P.34

 教宣資料の発行 P.36

■ 米軍Xバンドレーダー基地反対・近畿連絡会 2017年旗開き報告 P.37

■ 「憂う会」永井さんからの連帯メッセージ P.39

■ 12・23 韓国・星州訪問団報告集会報告 P.40

■ 12・13 京都府に対する緊急申し入れ報告 P.49

■ 京都府知事山田啓二宛 抗議申し入れ書 P.50

■ 12・26 近畿中部防衛局抗議申し入れ報告 P.52

■ 稲田朋美防衛大臣藤代誠近畿中部防衛局長宛 抗議申し入れ書 P .53

■ 稲田朋美防衛大臣藤代誠近畿中部防衛局長宛 質問書 P.55

■ 資料 京都新聞記事から P.56

  京丹後市長宛米軍基地に関わる3万3000V電線についての要望書

 (米軍基地建設を憂う宇川有志の会) P.57

 

会報19号(2016年12月11日発行)

 

目次

■ 米軍・THAAD&Xバンドレーダー配備反対闘争と朴槿恵即時退陣要求に

燃える韓国韓国民衆闘争の現段階 

米軍Xバンドレーダー基地反対・京都連絡会共同代表大湾宗則

■ 高江報告闘いはまだこれからだ

・・・勝つまでだから・・・ P.11

■ 米軍基地いらんちゃフェスタin 丹後2016 報告          P.13

■ 11月6日の参加者のバス②号車での感想             P.23

■ 沖縄・京丹後・星州を結ぶ闘いを!

米軍Xバンドレーダー基地撤去!10・23京都報告          P.26

■ 京丹後駐留米軍の陸上自衛隊福知山射撃場での実弾射撃訓練に関する現地フィールドワークと福知山市長への申し入れ報告       P.28

■ 福知山市長大橋一夫宛米軍による陸上自衛隊福知山駐屯地での実弾射撃訓練計画に反対する申し入れ書 P.30

■ 京都府知事山田啓二宛米軍による陸上自衛隊福知山駐屯地での実弾射撃訓練計画に反対する申し入れ書 P.31

■ 近畿中部防衛局申し入れ行動報告 P.32

■ 防衛大臣稲田朋美近畿中部防衛局局長藤代誠宛抗議申し入れ書 P.33

■ 防衛大臣稲田朋美近畿中部防衛局局長藤代誠宛質問書 P.34

■ 京都新聞記事 初の「共同利用」、米軍が実弾訓練実施福知山射撃場 P.35

■ 防衛省陸上自衛隊福知山射撃場の米軍による限定使用に関する要請に対する回答(京都府)  P.36

■ 日米合同委員会合意事案概要 P.38

 

会報18号(2016年10月6日発行)

 

目次
■ 巻頭言P.1
米軍Xバンドレーダー基地反対・京都連絡会共同代表大湾宗則
■ 9/5~9/8 高江・辺野古派遣報告P.3
■ 塩田敏夫さん(毎日新聞記者)講演会報告P.22
■ 9・15京丹後行動報告P.23
■ 京丹後市長三崎政直宛

米軍Xバンドレーダー基地問題に関する申し入れ書P.26
■ 京丹後市長三崎政直宛

米軍Xバンドレーダー基地問題に関する質問書
及び質問に対する基地対策室の回答要旨P.28
■ 9・28 宇川訪問報告P.31

 

 

 

4.ハヤブサニュース 

 

▲本文省略 A4版4頁のニュース

 No.6(2016年10月11日)

 No.8, No.9 (2017年2月) …

 No.12(2017年5月)

 

5.京丹後の皆さんへ 改訂版ニュース

 

▲本文省略 2016年10月 京丹後で配布のニュース A4版4頁

No.1(2016年10月13日)

No.4(2017年1月)

現在は、街中ビラと同じような内容のものを配布。

 

6. 例会(第4木曜日)

 

2017年6月例会

 

■ 京都連絡会 6月例会 テーマ

● THAAD配備反対!6月韓国訪問の報告

  発題・池田高巌さん

● 辺野古護岸工事阻止! 辺野古・京丹後・韓国を結んで闘おう

  発題・大湾宗則さん

 

 6月3日の連帯交流集会は約70人、6月4日の京丹後総決起集会は約300人の結集で 成功のうちに終わりました。京都連絡会はこの成功を引き継ぎ、円仏教聖地守護非常対策委 員会の要請に基づき、THAAD配備に反対して韓国を訪問します。

 6月14日は星州で、15日はソウルで予定さ れている集会で講演を行います。この取り組みが THAAD配備に反対する日韓民衆の国際連帯の 更なる発展に寄与するものとなることを願ってい ます。

 これらの取り組みを受けて、京都連絡会は6月 22日(木)18時30分から東山いきいき市民 活動センター集会室において、京都連絡会の6月 例会を開催します。広い会場を確保しましたので、 ぜひご参加ください。

 

● 日時:2017年6月22日(木)18時30分から

● 場所:東山いきいき市民活動センター集会室

  (▲場所注意。「きずな」ではありません。)

● 参加費:500円

 

米軍Xバンドレーダー基地反対・京都連絡会

【連絡先】京都市上京区四番町 121-5 大湾宗則 TEL/FAX 075-467-4437

 

 

 

2017年5月例会 

日時 5 月25 日(木)18:30

場所 きずな

文在寅大統領の誕生と「ローソク革命」の果たした役割

韓国の政権交代と朝鮮半島・東アジア情勢

7.街中ビラ 2017年1月1日

http://www.pref.kyoto.jp/kankyo/rdb/geo/db/sur0060.html
京都府レッドデータブック2015 穴文殊