▼基地建設前の文書です▼

 

日米両政府は京丹後市・経ヶ岬に、米国のミサイル迎撃システムの一部であるXバンドレーダーを設置するために、用地を取得し、新たな米軍基地を建設しようとしています。この基地には160人の米軍人・軍属の配備が予定されています。

 

この米軍Xバンドレーダー基地の建設計画は、東アジアの軍事緊張の拡大、京都北部が軍事標的になる危険性、地元住民の生活や自然環境への悪影響、米軍人・軍属による事件・事故の危険性など、様々な問題を含んでいます。

 

以下のリーフレットはこの京丹後市・経ヶ岬での米軍Xバンドレーダー基地建設の問題点をまとめたものです。

 

危険な米軍Xバンドレーダー基地建設を止めるために、ともに力をあわせましょう。

 

リーフレット・京都に米軍基地はつくらせない.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 3.7 MB