(他団体の取り組み)

 

http://blog.livedoor.jp/noarmydemo/archives/50846533.html

3/20 宇川・米軍基地周辺での電磁波調査報告会

主催 スワロウカフェ

 

(2017年3月)

 

3月5日の学習会は、もともと企画していた学習会の前に緊急に山城博治さん長期勾留に対しての抗議集会を開催します。また、集会後は三条 京阪で「山城氏即時釈放を求める」合同の街頭宣伝を行います。併せてご参加よろしくお願いします。

 

 

第一部

【山城博治さんの長期勾留弾劾・博治さんを直ちに釈放せよ 緊急集会】 

 

 沖縄・高江・辺野古埋め立て阻止の先頭で戦ってこられた山城博治さん。 この博治さんが昨年10/17に北部演習場で器物破損した、という罪名で逮捕され 10/20 勾留棄却されたにもかかわらず、 その日のうちに公務執行妨害罪と傷害罪で再逮捕、11/11 公務執行妨害罪で起訴、 11/29 には、昨年 1 月のゲート前ブロックを積み上げたことを威力業務妨害として逮捕、こうして山城さんは、10/17 から今 那覇地裁前 山城返せの抗議集会日まで約 4 か月以上長期勾留されていま す。抗議の声をあげましょう。 最高裁は 2/23、山城博治さんの保釈請求を却下しました。司法もぐるになっ た政治弾圧、抗議の声をあげましょう。

 

 

 政府の辺野古埋め立て計画は今も暴力的に進められています。 辺野古埋め立て阻止にこの京都からも連帯しましょう。 山城博治さんの長期勾留を弾劾し、即時釈放を求める行動に立ち上がりまし ょう。

 

 

日時  2017年3月5日(日)14時 

会場  東山いきいき市民活動センター集会室

呼びかけ

米軍Xバンドレーダー基地反対・京都連絡会

 

N o B a s e ! 沖縄とつながる京都の会

 

 

 

第二部

【緊迫する朝鮮半島・東アジア情勢

米韓合同軍事演習に反対しよう!3・5学習会

キー・リゾルブ/フォール・イーグル2017を中止せよ!

 

 トランプ政権が発足し、朝鮮半島・東アジア情勢はますます緊迫してきています。2月初めのマティス米国防長官の訪韓・訪日、安倍訪米と日米首脳会談を通して、米日韓軍事同盟がさらに強化されてきました。これに対抗して朝鮮民主主義人民共和国(以下、朝鮮)もまた、2月12日に中長距離弾道ミサイル北極星—2の発射実験を実施し、自衛のための核・ミサイル開発を継続しています。まさにいつ朝鮮半島・東アジアでの武力衝突が発生しても不思議ではない状況だと言えます。

 

 このような中で、毎年3月から4月にかけて実施されてきた米韓合同軍事演習(キー・リゾルブ/フォール・イーグル)が今年も実施されようとしています。史上最大規模で行われた昨年の同演習には米軍1万5千人以上、韓国軍29万人が参加しました。今年の同演習の詳細は未公表ですが、朝鮮への先制攻撃を想定した「5015作戦計画」にもとづき、昨年を上回る規模で実施されようとしています。この演習には、「斬首作戦」と称する朝鮮指導部の殺害作戦まで組みこまれ、また韓国・星州(ソンジュ)へのTHAADシステム(XバンドレーダーとTHAADミサイル)の配備を前提としたミサイル迎撃演習も行われると報道されています。国際法上も違法な、危険きわまりない合同軍事演習です。

 

 このような米韓合同軍事演習が実施されれば、沖縄・日本の米軍基地は米軍の出撃拠点となり、京丹後のXバンドレーダー基地は米のミサイル防衛戦略の拠点としてフル稼働します。そして安倍政権もまた、集団的自衛権にもとづき、この米韓合同軍事演習に参画しようともくろんでいます。それは辺野古新基地建設などの基地の新設・強化、日米軍事一体化と結合したものです。しかし、武力で平和はつくれません。朝鮮はこの合同軍事演習のたびに、米韓両国が合同軍事演習を中止すれば、朝鮮も核・ミサイル開発を中止すると呼びかけてきました。しかし、米韓両国はこの提案を拒否してきました。米韓合同軍事演習を中止させ、東アジアの平和への転換点をつくりだしていかねばならないときです。

 

 私たちは3月5日、下記のように学習会を開催し、その終了後に三条京阪駅前での米韓合同軍事演習に反対する街頭アピール行動を行います。そして、合同軍事演習が実施された場合には、4月1日に京都の闘う仲間の総結集、在日団体との共同行動として、米韓合同軍事演習に反対する集会・デモを行います。これらの連続した取り組みにご参加を呼びかけます。

 

 

 

  ●緊迫する朝鮮半島・東アジア情勢

    米韓合同軍事演習に反対しよう!3・5学習会

      日時  2017年3月5日(日)15時 

      会場  東山いきいき市民活動センター集会室

      主催  米軍Xバンドレーダー基地反対・京都連絡会  

      資料代 500円

 

  ●米韓合同軍事演習に反対する街頭アピール行動

      2017年3月5日(日)17時~18時 場所・三条京阪駅前

 

 

  ●米韓合同軍事演習に反対する集会・デモ(以下は予定)

      日時 2017年4月1日(土)14時 

      会場 東山いきいき市民活動センター集会室

      主催 4・1集会実行委員会

      講演 康宗憲さん(元在日韓国人政治犯・韓国問題研究所)

 

2017年2月例会

 

日時 2017年2月23日(木)18時30分から

会場 きずな事務所

テーマ 日米首脳会談を通して見えてきたトランプ政権と安倍政権の東アジア戦略

         沖縄・岩国・京丹後・星州を結ぶ連帯を

どなたでも参加できます。ぜひご参加ください。

(2017年2月)

 

米軍Xバンドレーダー基地反対・京都連絡会第三回総会&

近畿連絡会新年旗開きのご案内

 

■日時 2017年2月4日(土)

■会場 京都府部落解放センター4階ホール(地下鉄鞍馬口駅下車・北へ徒歩5分東側)

     12時30分 京都連絡会第三回総会の受付開始

     13時00分 第三回総会開始

           共同代表あいさつ

           第一議題 総括・方針

           第二議題 2016年度会計報告

           第三議題 規約改定

           第四議題 2017年度予算案

           第五議題 役員選出

     16時00分 総会終了(旗開きの準備)

     16時30分 近畿連絡会新年旗開き

     19時00分 旗開き終了

参加費 京都連絡会総会500円 旗開き 1500円(お酒を飲まない方は1000円)

 

ますます強化・拡大される米軍基地

 京丹後に新たな米軍基地が建設されてから二年、住民の安全・安心と米軍基地が両立しないことがますます明確になってきました。米軍・防衛省は、事前の確認を踏みにじるばかりか、米軍基地・自衛隊基地の拡張を画策し、これまでキャンプ富士(静岡県)で実施してきた京丹後の米軍基地に所属する米軍人・軍属の実弾射撃訓練の陸自福知山射撃場への移転を強行しました。それは京都府下での二つ目の米軍基地の建設に等しいものであり、京都府北部・近畿地方北部に新たな軍事拠点を建設しようとするものです。さらにはXバンドレーダーと連動するTHAADミサイルの配備先となる危険性も高まってきています。

 

京都連絡会/近畿連絡会のこの一年の闘い

 私たち米軍Xバンドレーダー基地反対・京都連絡会/近畿連絡会は、憂う会をはじめとした京丹後の住民に連帯し、2016年には6月5日の京丹後総決起集会、11月6日の米軍基地いらんちゃフェスタin丹後2016の成功のために奮闘しました。また、京都連絡会は月に二度の宇川訪問によって住民との結びつきを強め、京都市内での集会・デモや定例街宣・街なかビラまきなど米軍基地撤去を市民に訴えてきました。そして、実弾射撃訓練の福知山移転に反対して、福知山行動・各戸ビラ入れや対行政闘争に取り組みました。私たちの旗印は、京都にも沖縄にも日本のどこにも米軍基地はいらない!ということであり、国際連帯です。この一年、私たちは沖縄の闘いに連帯し、また11月には京都連絡会と憂う会の合同派遣団が、THAADシステム(XバンドレーダーとTHAADミサイル)が配備されようとしている韓国・星州を訪問し、THAAD配備に反対する住民との交流・連帯をつくりだしてきました。

 

京都連絡会総会/近畿連絡会旗開きにご参加を

 京都連絡会は、2月4日に第三回総会を開催し、このような一年間の闘いの総括と次の一年間の方針を確立していこうとしています。そして、近畿連絡会は京都連絡会総会の終了後、京都・大阪・兵庫・滋賀・奈良など各府県からの参加によって新年旗開きを開催します。手づくりの料理とお酒を準備し、各府県の交流と連帯を強化することによって2017年の闘いに向かいたいと思います。京都連絡会総会も旗開きも、どなたでも参加できます。ただし、京都連絡会は会員制の団体ですので、京都連絡会総会の議案の採択は2016年度の会員および2017年度からの新規入会希望者で行います。また準備の都合で、総会・旗開きに参加される方は事前にご連絡ください。

 

●米軍Xバンドレーダー基地反対・近畿連絡会 

代表世話人 服部良一 大湾宗則

●米軍Xバンドレーダー基地反対・京都連絡会 

共同代表 大湾宗則 白井美喜子 上岡修 瀧川順朗 仲尾宏

●連絡先 Tel/Fax 075-467-4437(大湾) 事務局090-1590-9469(山本)

 

(2016年12月)

 

■名称 沖縄・京丹後・星州を結ぶ闘いを!韓国・星州訪問団報告集会

■日時 2016年12月23日(金・休)14時開始

■会場 東山いきいき市民活動センター2階集会室

■主催 米軍Xバンドレーダー基地反対・京都連絡会

■米軍基地建設を憂う宇川有志の会の永井友昭さんも参加

■資料代 500円

■集会終了後に望年会

 

 去る11月25日(金)から27日(日)、京都連絡会はTHAAD(サード)ミサイルシステムが配備される予定地で、大きな反対運動が継続する韓国・星州に連帯訪問団を送りました。この訪問団には、大湾宗則共同代表、憂う会の永井友昭さんなど5人が参加しました。THAADミサイルシステムは、XバンドレーダーとTHAADミサイルによって構成されたもので、飛来する弾道ミサイルが大気圏に再突入する段階で迎撃する最新鋭のミサイル防衛システムです。この韓国へのTHAAD配備は、日本の青森県・車力と京都府・京丹後のXバンドレーダー基地と連動し、アメリカ主導の東アジアでのミサイル防衛戦略、米日韓軍事同盟の新たな強化をはかるもので、東アジアの軍事的緊張をさらに高めるものです。安倍政権は、昨年9月に成立した安保関連法にもとづく集団的自衛権行使の具体化として、この東アジアでのミサイル防衛戦略に参加し、自衛隊へのTHAADミサイルの配備を本格的に検討しています。 

 

 このような緊迫した情勢のもとで、私たち京都連絡会はTHAADミサイル配備に反対する日韓の民衆の国際連帯、国際共同闘争を追求してきました。今回の韓国・星州訪問団は、そのための大きな一歩となるものでした。訪問団は、現地において大歓迎され、星州・金泉でのローソク集会に参加し、交流と連帯を深めてきました。時あたかも、歴史的な高揚を迎えた朴政権退陣要求闘争のうねりのただ中での訪韓となりました。国際連帯とは、単なる理念ではありません。交流し、議論し、ともに闘う、それはまさに実践的なものです。米軍Xバンドレーダー基地撤去に向けた闘いは、国際連帯の旗を高く掲げます。国境を超えた民衆の連帯と共同の闘いこそが、各国・地域の反基地闘争を勇気づけ、米軍基地を撤去させ、東アジアの平和を実現していくという道につながっていくと確信しています。12月23日の報告集会にぜひご参加ください。

 

 

2016年11月例会のご案内

 

■日時・会場 11月24日(木)18時30分開始 きずな事務所
■テーマ 沖縄・星州(ソンジュ)・京丹後を結んで・・・
       韓国・星州に代表団(11/25~27)を送る集い

 

京都連絡会は、沖縄・高江の闘いに連帯しつつ、この間連続して米軍・軍属の実弾射撃訓練の福知山移転に反対する行動に取り組み、11月25日~27日の京都連絡会と憂う会の合同での韓国・星州訪問団の準備をすすめてきました。米マスコミの予想をくつがえすトランプの勝利、京都府・福知山市の実弾射撃訓練の移転受け入れ表明、高江における12月10日までのヘリパッド完成と20日の北部演習場一部返還、韓国における朴政権打倒にむけた歴史的な民衆の闘いの高揚など、情勢はさらに進行し緊迫してきています。高江・福知山・京丹後の現地報告、韓国の政治情勢とTHAAD&Xバンドレーダー配備反対闘争の現状の報告等を受けて、意見交換をしていきたいと思います。ぜひご参加ください。